WordPressのGallery Pluginいろいろ

世の中には多くのGallery Pluginがあるから迷ってしまう。テストサイトで試してみて、一番しっくりきたのはResponsive Lightbox & Galleryだった。以下に、「無料であること」、「自分の目的に合致していること」という全くの独断と偏見による感想を書いてみる。

WordPress標準ギャラリー【評価は〇】

細かい設定はできないけど、そのぶん気軽に使えるWordPress標準Galleryは手っ取り早くて良い。でもブロックエディターに代わってからサムネイルをブロックに並べる設定がなくなった。
クラシックのブロックを用意してギャラリーを設置すると、従来同様サムネイルを同じ大きさで並べることができるものの、モバイル端末で見ると少々悲しいことになる。
判りにくいから説明用イメージ画像を並べてみると、

WordPress標準ギャラリー(4列)

5つつめのサムネイル画像の羽黒改二が大きくなってしまう。

標準ギャラリー

WordPress標準ギャラリー(クラシック 4列)

イイ感じ。でもモバイル端末で見てみると・・・

標準ギャラリー(クラシック)

WordPress標準ギャラリー(クラシック 4列 モバイル端末)

画面の小さな端末だと4列を維持したまま小さくなる。これでも十分だけど。

クラシック 4列 モバイル端末

Responsive Lightbox & Gallery【評価は◎】

これが一番安定してるみたい。スクリプトをフッターに置くことで、今使っているテーマ(Cocoon)でも安定して動作させることができた。
独自にGalleryを作成・管理できるのは当然として、作成済みのWordPress Gallery(クラシックブロックからのGallery作成)にもグリッド配置が適用されるのが何かと便利(設定で変更可能)。
モバイル端末、デスクトップPCなど画面解像度に応じてカラム数を設定(変更)できるからレスポンシブ対応も○。
このサイトの艦娘シルエット画像で使っているのがこのプラグイン。

NextGEN Gallery【評価は○】

初期設定のままだとサムネイルをブロックに並べたとき、画面横幅をはみ出た画像があると、はみ出た画像は下段でセンタリングされる。例えば7枚のサムネイルがあって外面上は6枚で横いっぱいになると、7枚目はセンタリングされる。Galleryの設定で5列とかに指定すれば、はみ出た画像は左寄せになるので○。さらに、ギャラリーをまとめるアルバムも作成・管理できるので画像を整理するのに都合がいい。
惜しむらくは個別のサムネイル画像にキャプションやタイトルを表示させる方法が見つからなかったこと。このサイトだと艦娘の名前が表示されていないと何かと困ってしまう。もっとググれば見つかるかもしれないけど諦めた。

WP Photo Album Plus【評価は不明】

初期設定で多くの設問に回答する必要がある。自由度が非常に高く見栄えのいいギャラリーを作ることができる(かもしれない)が、このサイト用だと時間と労力に見合ってなさそう・・・。

Unite Gallery Lite【評価は△】

無料版はギャラリー1つにつき12枚までの画像しか追加ができないから、夕雲型とか沢山の姉妹がいる艦娘たちはギャラリーを分けないといけない。なので却下。

Photo Gallery by 10Web【評価は○】

これも、指定の列数をはみ出たサムネイル画像がセンタリングされてしまう。左寄せに変更できるかもしれないけど、無料版のカスタマイズ可能な設定メニューには無さそうだった。
タイトル表示はマウスを重ねると出てくる設定になっているけど変更可能かも。

FooGallery【評価は△】

最初、これをつかってた。でもギャラリー数が100近くになってくると動作が安定せず、作ったはずのギャラリーが一覧に出てこなくて投稿に挿入できない現象を解決できなかった。また、ブロックエディタからのギャラリー挿入ではなく、ショートコードならギャラリーを投稿に挿入、表示できるものの、Lightboxがうまく表示されなくて、黒い背景に艦娘シルエット画像で結果、真っ黒でなんだこれ状態になってしまう。
テーマとの相性があるかもしれないけど追及はしてない。

Robo Gallery【評価は×】

無料版はPost Pageが3つまで。ギャラリーの列数も3列に固定されたまま。なので不採用。
有料版は良いかもしれない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました